« 摂理と宗教 | トップページ | ホンダ »

2006年8月12日 (土)

テロ再び

こんちは。X3です。

またテロですか。ホント未遂でよかったですね。以下ニュース抜粋

『AP通信は米当局者の話として米国のユナイテッド、アメリカン、コンチネンタルの3社のワシントン、ニューヨーク、カリフォルニアなど行きの便が標的になったと伝えた。英BBC放送は容疑者が週明けに3機ずつ3回に分けて計9機を爆破する計画だった可能性を報じている。爆発物に転用できる液体を使って飛行中に旅客機を爆破しようとしたとみられる。米国のチャートフ国土安全保障長官は「アルカイダの計画を示唆する要素もある。単体では無害の複数の物質を機内に持ち込み、混ぜ合わせて爆発させようとした恐れがある」と述べ、容疑者が飲み物や電子機器に偽装した爆発性の液体や起爆装置を持っていた可能性を示唆した。米CNNテレビは米政府高官の話として「実行段階に極めて近かった」と伝えた。』

飛行機9機を爆破って。ホント考えることがぶっ飛んでますな。

イスラム教徒には「人間は神様の奴隷だ」という思想が土台にあるから、ぜーんぜん死ぬことに対して怖くないんだろうな。堕落したどうしようもない西側・キリスト文化にダメージを与えて死ぬことができるんだから。名誉な死ぐらいの意識を持って死んでるのかも。

それにしても「キリストvsイスラムの絶対神どうしの戦い」を見てると、唯一絶対神に支えられている自我っていうのは、いかがなものかと思っちゃいますね。

絶対神のイケナイところは、自分のモノとは違った信仰、考え方、見方をすべて認めないってとこだよなぁ。だから、「なんでも、かんでも、オレのやっていることはすべて正しい」ってことになっちゃうわけで。正義の名の元に人を殺しちゃっても平気なんだなぁ。

絶対神が悪いとは言わないけど、「絶対神的な考え方っていうのは、、他にいろいろある中のひとつの考え方なんだ」ということをキリストもイスラムも受け入れられるようになんないと、永久にテロはなくならんぞ。恐らく。

だって、キリスト教もイスラム教も成り立ちは「復讐」だから、戦うことが大好きだし。「イエス様は」なんて涼しい顔して言ってるけど、キリスト教なんて大殺戮の宗教だかんね。ホントは。もちろん、イスラムも聖戦という名の元に起こす殺戮大好きだしさ。

なぜ、二つの宗教が「復讐」で成り立っているかと言うと、白人の宗教だからです。

最近、知ったんですが、白人っていうのは、黒人の突然変異なんですって。遺伝子的には黒人の方が優勢で、白人の方が劣勢なワケです。

だから、白人っていうのは迫害されたんですよ。昔は。アフリカからヨーロッパへと逃げていったわけです。逃亡です。逃亡。信じらんないでしょ。だから、白人による黒人差別は昔自分たちの祖先が受けた復讐です。ねぇ、復讐好きでしょ。

少し話を戻すと、白人は迫害を受け、奴隷を扱いされていました。「何で自分はこんなに辛い目にあわなきゃいけないんだ」「何で自分はこんなに差別を受けなきゃいけないんだ」「何でこんなに抑圧されなきゃいけないんだ」となるわけです。

そして、追い詰められた人たちは、現実離れした強い「幻想」を求めるわけです。ココロの逃げ道として。その幻想が「神」になるのです。当然その「神」は、今の現状を救い出してくれる存在なわけであって。そこに大きく依存します。そこには、自分たちの正義を取り戻そうとするための「復讐心」が強く宿っているため、復讐の戦いの神となるのです。

だから、キリストもイスラムも「復讐」を起源とした「戦争大好きな宗教」でございます。決して「愛の宗教」なんかではないんだなぁ。

こう考えると、アメリカが戦争大好きな国っていうのもすごーく理解できますよね。

人気blogランキングへ←クリックしてもらえるとウレシイです!!

|

« 摂理と宗教 | トップページ | ホンダ »

コメント

 またCIAのデッチあげじゃないの?狂信的クリスチャン=ブッシュにはよーく注意しないと。

 「白人っていうのは、黒人の突然変異」というのは2万年~3万年前に徐々に起きたらしいです。「アフリカからヨーロッパへと逃げていった」のは少し証拠が少なくて、ヨーロッパで突然変異が始まったという人もいます。
 でも全員が白人化するのは遺伝学上は1万5千年もあれば十分らしい。紀元前3千年には白人化が完了していた。キリストの頃、3千年まえの迫害の記憶がまだ生々しかったことはその通りでしょうね。旧約聖書の一番古い伝承などは、その雰囲気の中で書かれたかも。カインとアベルの兄弟殺しは、人種間ホロコーストの話だもの。

投稿: カブリオ | 2006年8月13日 (日) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121059/3018506

この記事へのトラックバック一覧です: テロ再び:

» ワールドトレードセンターからの手紙? [子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ]
救出活動に参加して生き埋めになった警官たち。その警官である夫の帰りを待つ家族。職業間を越えて生き埋めの人の救出活動を行う、消防官、警察、海兵隊たち。ストーリーは単調でしたが、それぞれの思いが伝わってくる感動ドラマがスクリーン越しに・・・... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 01時08分

« 摂理と宗教 | トップページ | ホンダ »