« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

電車の旅

こんばんわ。X3です。

今日は王子が乗りたくて乗りたくて仕方がなかった「スカイライナー」に乗り成田空港まで行ってきました。「スカイライナー」を見るたびに、「乗りたいなぁ、パパァ」って言うからさ。念願かなってかなりゴキゲンな王子です。

2006_09300029 2006_09300023

小生もハシャイで写真とってたら、運転手さんに「フラッシュたかないで」って注意されました。ごめんね。運転手さん。

せっかく成田空港に来たんで、飛行機見ときました。海外旅行へ出発する前のウキウキした人ばっかだったんで、羨ましかったなぁ。王子も旅行へ行きたいみたいで、飛行機離陸したら、ボクも乗りたいよ~って泣き出しちゃった。

2006_09300031 2006_09300034

帰りは普通に帰ろうかと思ってたら、「成田エクスプレス」という特急にもどうしても乗りたいらしく、それに乗って帰って来ました。 2006_09300039

ちょっとした旅でございました。

最後に姫のチラリズムショットでございます。

2006_09300050

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | トラックバック (0)

NIKE

こんちは。X3です。

NIKEのバイラルCMです。

NIKEがこんなことやるんですねぇ。

違った意味でCOOLです。

http://www.youtube.com/watch?v=2ry41RIkqHA

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

ディープインパクトⅡ

こんばんわ。X3です。

凱旋門賞の枠順が決まりました。ディープは2枠だって。以下凱旋門賞枠順です。

1 ハリケーンラン Hurricane Run(牡4、仏・K.ファロン)
2 ディープインパクト(牡4、栗東・武豊)
3 ベストネーム Best Name(牡3、仏・O.ペリエ)
4 レイルリンク Rail Link(牡3、仏・S.パスキエ)
5 プライド Pride(牝6、仏・C.ルメール)
6 シロッコ Shirocco(牡5、仏・C.スミヨン)
7 アイリッシュウェルズ Irish Wells(牡3、仏・D.ブフ)
8 シックスティーズアイコン Sixties Icon(牡3、英・L.デットーリ)

1枠のハリケーンランが最大のライバルです。昨年の凱旋門賞優勝馬です。

イヤ~、ホントドキドキしてきた。日本から5000人ぐらい応援に行くそうです。レース当日フランスに到着して、レース終わったら帰るんだって。スッゲェー!!

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ディープインパクト

こんちは。X3です。

近づいてきましたね、凱旋門賞。10月1日ですからね。あと3日です。

現在、ディープインパクト3.5倍で1番人気ですってよ。

世界のつよーい馬ばっかが集まるレースで1番人気だよ。1番人気。

スゲェー。それだけでも、十分すごいです。ハイ。

レース創設以来、欧州以外の馬が優勝していないというか、優勝させていないレースなんで、あの手この手でディープの行く手を阻んで来るんだろうなぁ。

パリは晴天続きで、馬場が硬くなっているから(馬場が硬いとディープに有利)水とか撒いたりさ。まぁ、アウェーだかんな。しょうがないって言ったら、そうなんだけどさ・・・

日本では、NHKで日曜日深夜24:00~生中継されます。

日本の馬が凱旋門賞に勝つ瞬間を見るなんてことは、もう一生ないかも・・・

皆様、世紀の瞬間を是非ライブでご覧下さいませ。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

名もなき毒

こんちは。X3です。

『名もなき毒』読み終わりました。

名もなき毒

うーん、正直物足りなかったなぁ・・・

誰のココロにも棲む悪意=毒。それは、生まれつき持っているものではなく、生まれ育った環境、周りの人々との関わりにより、大きくもなったり、小さくもなったりするし、内に篭ったままジッとしているものもあれば、外に出て人を傷つけてしまったりと、いろんな形態を持った生き物ですと。

だからいかにも悪人づらという人ではない「普通」の人が、世間をアッと驚かせる事件を起こしたりもする。悪意の成長具合は、見た目じゃわかりませんから。

その悪意は当然人によって、全然成り立ちが違います。

だから周りの人からは、なぜその人がそんな「毒」を吐くのかがわからない。たまたまそこに居合わせたという事だけで、不幸にもその毒を浴びてしまうこともある。そして、いつ何時自分にも、その毒がふりかかるかわからない。

そんな日常に私たちは生きている。

みたいな事が本の根底にはあるのかなぁというのが、ボクの解釈です。そのような人たちが事件を起こすというお話です。

Topics的にはアリだと思います。ホントそんな事件ばっかですからね。自分には明確な動機なんだけど、周りからみると「?}みたいな動機で殺しちゃったみたいな感じの事件が。だから、アリはアリなんですけどね・・・

なんかね、伏線をいろいろ張りすぎてて、それをまた丁寧に描くものだから、逆に薄っぺらい感じが否めないんですよね。特に、人物描写というか、人のココロの動きが物足りない。だから、お話を見てる感じ。グッと物語に入っていけなかったです。

でもでもでも、

9月22日の日経MJに『名もなき毒』のレビューが記事化されてたんですけど、それを見ると「好き91%」「残念9%」という数字が出てました。

正直、ビックリ。ボクの感性ってひょっとしてマイノリティ?みたいな。

ただ思うのは、調査として「好き」っていう設問ってどうかなぁと。

満足度低いボクですが、「この本が好きですか、嫌いですか」って聞かれると、嫌いなわけじゃないんで、好きよりの回答しちゃうだろうし。どうやら「どちらでもない」という選択肢もないみたいだし。それもいかがなものかと・・・

本の調査をする場合の指標は、「満足度」とか「面白かった」とかの方がいいんじゃないかと思いますけど。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (3)

クリック

こんちは。X3です。

「人は画面のどこをクリックするのか」という事がわかるサイトです。

自分がクリックした場所と、多くの人がクリックした場所と、あまりクリックされなかった場所が一目瞭然にわかるサイトです。8パターンぐらい画面が出てきて、各ページでその傾向が見れます。

結果を見て、「ヘェ~」と思っちゃいます。それは間違いない。が、それ以上でもそれ以下でもないサイトであることも間違いない(笑)

http://blog.outer-court.com/click2/

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

オモロイAD

こんちは。X3です。

中国で展開された、オモロイアウトドア広告です。駆け込み乗車やめとこうかなぁとキモチを作りますね。広告の読後感として、狙い通りの意識を与えることができたんではないのかな。立派なキャンペーンですな。

060329_19_1.jpg

060329_19_2.jpg

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイラルウォーカー

こんちは。X3です。

ネットをフラフラしてたら、「Viral Walker」というサイトを見つけました。最近、My Boom is Viralなんで、すぐクリッククリック!

どうやら、ウォーカープラスの新事業のようです。

その名の通り「Viral」させることが目的のサイトで、「CM」「映画」「音楽」「お笑い」「アイドル」「ゲーム」のカテゴリーがあります。面白ければViral Walker会員たちがViralしてくれるという代物です。

http://www.walkerplus.com/viral/

どうなんだろ?

アタマでは理解できんだけど、なんかグッグッとこんねぇ。

バイラルしたいキモチって、もっと偶然性とかサプライズの要素も必要なんじゃないのかなぁ。「バイラルさせることを目的に作りました!」って宣言されたものを「バイラル」しようというキモチにならんような気がすんだよなぁ。なんか、ネズミ講の会員にみたいな気がしてねぇ。

思うような成果を挙げてないような気がすんだけど・・・このサイト。実際のとこは分からんですが。大人気だったりして。

「人がなぜバイラルしたくなるのか」マインドの読みがちょっと甘かったのでは・・・なーんて生意気なことを思って見てました。ちゃんちゃん

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ベンツ

こんちは。X3です。

ベンツのE-classがとんでもないプロモーションやるみたいですよ

Mercedes-Benz|E-Class Experience Paris-Beijing

パリから北京まで9カ国をEクラス33台の300人以上が乗り継いで横断するというプロジェクト。この模様はオンライン中継されるそうです。10月21日にスタート。今から楽しみです。

スケールが違うよなぁ。

ベンツといえでも、他の高級車ブランドの動向や、捕まえていかなくてはいけないターゲット達のことを考えると、従来のコミュニケーションの焼き直しじゃ対応できなくなってきたのかなぁ。

他の高級車ブランドに比べると、「動的因子」が圧倒的に弱いからね。アクティブだとか、走りだとかさ。今度のプロモーションでその辺のイメージを強めるパブリシティニュースをたーっぷり作れるだろうから、多少は動的ブランドイメージは付加されるな。

セオリー通りのブランドプロモーションのですね。

ちなみにボク的にいうと、

ボクの中ではベンツは「成金ブランド」でしかないんですけど、こんなアクティブなワクワクするような仕掛けやられちゃうと、ちょっと胸キュンだなぁ。ちゃんベンツの思惑にひっかかってます。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

レゴ

こんばんわ。X3です。

すごーくいいADを見つけました。『Lego』です。海外ものですけど。

http://www.adverbox.com/media/campaigns/2006/07/Lego-4.jpg

http://www.adverbox.com/media/campaigns/2006/07/Lego-1.jpg

http://www.adverbox.com/media/campaigns/2006/07/Lego-2.jpg

http://www.adverbox.com/media/campaigns/2006/07/Lego-3.jpg

とかです。

表現の素材はシンプルなパーツを組み合わせているだけなんですけど、レゴのパーツは単なるパーツじゃない。子供の豊かな思考力を伸ばすそんなパーツなんですってことが、すごーくわかりやすくコミュニケーションされていますね。

ほんといいADだ。ほんといいコンセプトだ。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の読書録

こんちは。X3です。

最近読んだ本についてのつれづれです。

まずは、『10年後の日本』について。

10年後の日本

「消費税の話」とか、「フリーター500万人時代の影響」とか、「地球温暖化の話」とか、10個のテーマでそれぞれがミクロ的なお話として書かれています。それらの要素が複雑に絡み合った10年後の世界については、言及されてなかったなぁ。ちょっと消化不良。

つづきまして、『男の子ってどうしてこうなの?』って本です。

男の子って、どうしてこうなの?―まっとうに育つ九つのポイント

男の子には「0-6歳」「6-14歳」「14-成人」と3つの成長段階があり、特に「6-14歳」の段階では、父親と子どもの係わりが大切な時期だそうで、あんまり父親との少ないと少年のココロにダメージを与えるみたいです。

そして、こんな一文があります。

「もし、あなたが出張している時間も含め、週55時間ないし、週60時間働いているとすれば、父親として役に立たない。もし息子が問題を持つようになったら、それはあなたのせいだろう。父親はきちんと家に帰ってきて、子どもと一緒に笑ったり、じゃれあったり、ものを教えたりする必要がある」

ははぁ。しかと承知いたしました。男の子を持つ父親のみなさま、目を通しておいたほうがいいかもしれません。

最後に、『ヤバイ経済学』です。

ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する

身近な日々の出来事、「過去10年の間に犯罪発生率が減少したホントウの理由は?」とか、「銃とプール、どっちが危ない?」とかを、これまで誰も発見しなかった説で、経済学者が紐解いていく本です。

例えば、「アメリカの過去10年の間に犯罪発生率が減少した」理由については、「画期的な取締り」」でもなく、「懲役が厳しくなった」からでもなく、「銃規制が行われた」からでもないそうです。多少は寄与したんでしょうけど。

最も寄与したのは、「中絶の合法化」だそうです。それにより、恵まれない(育児環境、生活環境)など子どもたちが減り、犯罪が減少したんだそうです。

こんな感じで、身近な問題について、ヘェ~っていう説で紐解いていきます。暇つぶしにはなる本です。

ちなみに今読んでいるのは、『名もなき毒』です。

名もなき毒

途中なんでなんともいえませんが、スッゲー満足とはいかなそうでありまして・・・

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月24日 (日)

つくばエクスプレス

こんばんわ。X3です。

王子が「電車に乗りたいよー。パパぁ~」と甘えた声で申すので、北千住に連れていってやりました。そこで「つくばエクスプレス」に乗る羽目に。

ホームで「つくばエクスプレス」を待つ王子です。ハシャイでますよ。

  • 2006_09240002

お目当ての「つくばエクスプレス」がホームに入ってきました。カメラ小僧みたく撮っちゃいました。結構スピード速いんですが、乗り心地よかったです。

2006_09240003

車内の王子。ちょっとボーッとしてます。この後、寝ちゃいました。興奮しすぎたみたい。

2006_09240007

本日の姫。セクシーショットです。イヤ~ン

2006_09240009

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月23日 (土)

今日の王子

こんばんわ。X3です。

最近、王子は「梨」にはまってます。2006_09230014 3時のおやつの風景です。

「梨の味がするよ、パパ」。

そりゃそうやろ、お前が食ってんのは梨やからな。どうやら天然王子のようでして。

「梨」をひとつペロリと平らげ、ご満悦の王子は車掌ごっこを始めました。

2006_09230021

2006_09230022

「1番線に通過電車がまいりましゅぅ。黄色い線の内側におしゃがりくだしゃい。」と繰り返し繰り返しアナウンスしておりました。

今日も一日カワイイ王子でした(爆)

最後に姫もチラッと。

  • 2006_09230019

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

辞書

こんばんわ。X3です。

すごーい辞書見つけました。言葉を生業としている人にはたまらんツールかも。ホントよくできた辞書です。

一度使ってみてください。

きっと、もう、手放せないですよ。どうぞ。

http://www.yakugo.com/WebHint/Quick.aspx

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (2)

Youtoube

こんちは。X3です。

Youtoubeが、「Youtoube Underground」と称した新人アーティスト発掘プロモーションを行うみたいです。参加できるのはアメリカ在住のミュージシャンだけみたいですけど。参加する人はオリジナルビデオを投稿し、ユーザーの投票により最終選好者が選ばれるみたいです。

いい企画ですよねぇ~盛り上がるだろうなぁ。

プロモーションサイトとして、どんどん使うべきだと思いますね。Youtoubeを。バイラルするところが、一番の魅力だわなぁ。ライフカードがやってる「つづく」みたいな奴をYoutoubeでやってもいいしさ。

最近、CMの最後に検索窓がでてきて、言葉を打ち込んで、サイトに来てくださいってタイプのCM多いですよね。で、サイトに行ったら、何があるわけじゃなく、ただ普通に情報を紹介する企業サイトがあるだけ。

なんやの、それは。プンプン

自社サイトに来て欲しいと言うなら、もっと責任を持とうよ。サイトに来てくれた人に来てよかったなぁと思わせる仕掛けをしとこうよ。でーんと企業サイトがあるんじゃなくてさ。それができないんだったら、検索窓なんか、のっけないほうがいいと思いますよ。

逆にガッカリして、イメージが悪くなると思いますよ。高い広告宣伝費払って、イメージ悪くしてどうすんのよーって感じ。最近、この手の広告が多くて辟易してたんで、愚痴っちゃいましたー。

で、話をYoutoubeの方へ無理矢理戻していくと、

どうせCMの最後に仕掛けをやるんだったら、Youtoubeへ引っ張り込んで、そこでしか見れないプロモーションやりましょうよ。

Youtoube限定CMとかもありだと思うし。長尺CMとかもできると思うんですよね。それをTVCMで告知するとか。タイアップミュージックプロモーションVTRなかもできそうだし。

Youtoubeでネタしかけるぞ!!仕掛けたら報告しまーす。そんときは、見事にハメラレテくださいね。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

こんばんわ。

今日の姫です。めずらしく目が開いてます。貴重画像です。

2006_09210081

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSN参上

こんちは。X3です。

昨日ニュースで見て初めて知ったんですけど、「BSN参上」というステッカーが渋谷とか、表参道とか、果てはニューヨークとか、香港にまで貼られているとか。

スッゲェー、ゲリラプロモ。

そんな手があったかと、ちょっと感動。日本だけじゃなく、世界のメジャー都市にまでプロモ仕掛けてるのがアッパレ!

ゲリラプロモだよなぁ・・・じゃないと流行や消費の中心都市で展開する意味ないよなぁ。ファッションブランドとかかなぁ。でもって日本のブランドじゃない気がすんだけど。「参上」なんてあるから、日本ぽいけど、海外では漢字はイケテルデザインになってるから、それを計算した上での海外ブランドかと。そんでもって、日本は大事な市場というわけ。

ブランドのプロモだったら、これから第2、第3の仕掛けがあるから楽しみだなぁ♪第1弾がステッカーの展開と、TV局へのタレコミだろうからさ。こんな仕掛けを考え、実行できるぐらいだから、期待していいんじゃないのぉ。

それにしても、ハマッタ時のアウトドアプロモのパワーって改めてすごいなぁと思いましたね。あのニュースでのパブはどれくらいのGRP換算になんだろうなぁ。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

サプリ最終話

こんちは。X3です。

サプリの最終話見ましたぁ。なかなかよかったんじゃないのぉ。広告アイデアもよかったし。

Watching with you ね。

いい表現だなぁ~と。ロマンチックですよね。

ドラマの中でいくつか広告出てきてたけど、どれもイマイチ君だったからね。余計、良さが際立ってました。カップルが時計の長針と短針になって時を刻むビジュアルなんかも、結構イイかも。

シャレでmikimoto、同じ広告やれば盛り上がるかもよ。

オバサンブランド化しちゃったり、引き出物ブランドみたいになっちゃってるから、ブランドに息吹を与えるためにいいんじゃないかなぁ。

Outdoorで、人間時計広告なんてどうかしら。いい感じで話題になって、ブランドにちょこっとはイキイキ感が出てくると思うんだけどなぁ。銀座のビルを奇抜にするだけじゃなく、コミュニケーションでもちょっとイッチャッてみるっていうのは、どうざんしょ。

最後の伊東美咲ちゃんが、亀梨君に告白するシーン、ビクビクドキドキしながら見てたんですけど、ドラマの中で一番うまかったんじゃないの。震えずにすみましたよ。そういう意味でもよかったお話でしたね。最終話は。

それにしても、カワイイですな。

うちの姫ちょっと、似てるような気がしてんだよなぁ(爆)

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年9月19日 (火)

カクテルカロリ

こんちは。X3です。

また、見てはいけないCMを見てしまいました。サントリーの「カクテルカロリ」です。

http://www.suntory.co.jp/rtd/calori/cocktail/cm/index.html

ご存知のように低アル市場は、氷結がシェア40%程度の相対的安定シェアを握っている市場です。相対的安定シェアというのは、よっぽどの不測の事態が起きない限り、トップから陥落することはないと言われている数字です。

だから、下位ブランドにはそんなにおいしくない市場です。なのに、アルコール市場全体では数少ない右肩上がり市場なので、各企業がこぞって新商品をぶつけてきます。1年も経たないうちに消えていく商品が後を絶ちません。それぐらい、競争が激しい激しい。

こういう市場でブランドが生き残っていくために必要なことは、

「氷結との距離感」です。

氷結となるべく距離感のとれる場所にポジショニングできることが重要です。氷結と似たような商品だと、氷結を買えばいいわけですからね。それができたブランドだけがシェアを獲得することができます。

ただし!

氷結から距離をとることを考えるあまり低アル市場の期待価値から飛び出ちゃうと、今度は消費者の選択肢からドロップアウト(低アル商品ではなくなって)してしまったり、ニッチになりすぎて、魚が全然泳いでいないということにもなりかねないなんてこともあったりするので、距離感の取り方が結構難しいんですけどね。

だから、ついつい氷結のそばに商品を起きたくなるんですね。おこぼれもらえるんじゃないかという淡い期待があったりするんでしょうね。まぁ、そんなのは幻想ですけど。だって、確実に氷結に食われちゃうんだから。

氷結のそばにいながら、氷結に伍して戦えるのは、とんでもない広告費を投入できる商品だけかと思いますね。氷結の過去の投入量を凌駕し、SOV(Share Of Voice)で氷結に勝つことが必要かなと。まぁ、そんな危険は犯せんでしょうけど。

とんでもない低アル商品の概念を覆す商品が出てくるまでは、「氷結」はトップブランドに間違いなく君臨し続けます。ハイ。間違いないく。

ブランドのシェアの結果も氷結との距離感が取れているブランドが上位に来てます。

1位:「氷結」 2位:「カクテルパートナー」 3位:「カロリ」 です。

カクテルパートナーは、氷結と明らかにちがう価値を提供できます。

カロリも同様です。だから、選ばれるんですね。

そんな「カロリ」が出したのが、「カクテルカロリ」。

サントリーは、「-196度」という氷結に似た商品を持っているので、「氷結」対策はそっちにまかせ、カロリで「カクテルパートナー」シェアを取りにいこうとしているんでしょうね。企業として、低アル市場NO.1をとろうと。

でも、「カクテルカロリじゃ、カクテルパートナーのシェアは取れんだろう」というのが小生の見解。なんで、こんなエクステンションしちゃったんだろうなぁ?結構、不思議ちゃん。

「スッキリした、カロリーの低いカクテルないの?」っていうニーズを持った人は当然いると思います。調査結果で数字がそこそこ出てきたんしょうね。調査で聞かれると「あってもいいねぇ」と答えちゃいますよね。ボクも答えちゃうますね。「あったほうがいいと思う」と。

調査結果とインサイトのギャップの典型かと。

実際のところでいくと、「カクテルを飲みたいなぁ」と人が思う時っていうのは、やっぱりあの甘さとか、カクテルの持っている雰囲気を求めているわけであって、カクテル飲むときぐらいは、カロリーが高いことはそんなに気にしてないと思うんですよね。

カロリーが低いカクテルって妙にリアルすぎて、夢がない気がしませんか?カクテルってワードにくっ付いてるイメージって結構大切だと思うんですよね。

じゃないと、あんなに「カクテルパートナー」売れないでしょ。購入層は、カロリーを気にする女性だしさ。

だから、「カクテルカロリ」ってすごーく中途半端な商品だと思うんですよね。「カロリ」が築き上げたブランド資産にも悪影響が出るだろうしさ。カロリが行きたい場所が見えづらくなるんですよね。こういう商品があると。

「カロリ」ブランドの行動指針となる憲法(ステートメント)がないんだろうな。恐らく。

「カクテルカロリ」なんて商品を作るなら、もっと「カロリ」としての商品特性や機能性をガンガン磨くべきなんじゃないのと思っちゃいました。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

テクノラティプロフィール

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年9月18日 (月)

サプリ連発

こんばんわ。X3です。

サプリ連発で見ました。ちょっと寒い演出の恋愛ドラマでしたね。

亀梨君が「みなみ」って言うのは、どうもイカン。ゾクゾクって震えますな。結構震度デカイ感じ。何回聞いても震えちゃいます。

伊東美咲ちゃんの演技も相変わらずなようで。でも、ホントカワイイって得だよな。許せちゃいもんなぁ。

うちの姫も可愛くなって欲しいなぁー。

伊東美咲ちゃんが「そろそろ型破ったほうがいいんじゃなーい」って言われたのを見ていて、ボクも上司に全く同じこと言われたのを思い出しました。ボクは企画書の書き方でいわれました。

2年目の終わりぐらいですかね。ちょうどその頃って企画書の自分の型っていうのが出来てきて、ドラマの佐藤浩一のセリフじゃないけど、その型にはめちゃうとですね、すごーく楽なんですよね。企画書書く、作業が。

でも、ある時突然上司に言われました。

「このパターンで企画書書けるのは、よくわかったよ。でもさ、今回のプレはこれじゃ絶対駄目だよ。3パターンぐらい企画書の型持ってないとシンドイよ」と。そして、目の前でビリビリと破られてしまいました。

イヤー、そん時は驚きました。破りやがりましたからね、人の企画書を。

そっからが大変大変。

書けども書けども、「違うね」の一言で、ゴミ箱にポイ。もうね。5回ぐらい書き直しましたよ。プレ2日前ぐらいで、「うん、だいぶよくなったね。赤入れとくよ」って引き取ってくれました。

で、その返された企画書を見てまたまた、ビックリ。

ぜーんぶ、赤。全部ですよ、全部。ぜーんぶ真っ赤か。赤入れとくよってレベルじゃおまへん。全赤ですからね。

でも、「こういうことね」って言うのがスーッとココロに染み入りましてね。引き出しが増えましたね。今のボクを支える大きな財産です。二つ引き出しがあると、それを組み合わせたりできるんで、おかげさまで、今では結構自由自在かな。

やっぱり、若いうちにいっぱい苦労して、「引き出し」をたくさん作っておかなきゃいかんなぁと思う今日この頃です。引き出しはもてばもつほど、すっごい組み合わせができちゃいますもんね。

引き出し作るために、そろそろ働くべさねぇ。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

元気な王子

こんばんわ。X3です。

最近、王子はものすごーーーーーく元気です。疲れを全く知らん。昼寝もせんと、一日中遊びまくっております。そんな王子のとある休日です。

王子は、ホント電車大好きっ子です。テーブルの上はガチャガチャで集めた電車でしょ。その後ろにあるのは、プラレールシリーズで、左端にチラッと見えてるのが木製トーマスのおもちゃ。こんときが、至福の時のようで。

2006_09170018

興奮しすぎて何を思ったか、スッポンポンの下半身に「笛」をはさんで、ちん○ん!ちん○ん!と走り回っております。ついに、この日が来たかって感じですね。

  • 2006_09170024

今度は公園で走り回ってます。芝生の上で遊ぶのが大好きみたい。ずーっとキャッキャいって走ってました。「笛はさむ!」って言ったので、無理矢理連れて帰りました・・・

2006_09170028

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

バイラルCM

こんちは。X3です。

バイラルCMの紹介です。笑えます。「アイデア」が秀逸です。プランナーズコンセプトが明確なんだと思います。

TVじゃ絶対に絶対にできないでしょうけど。

http://www.vira.jp/file.php?id=1024

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

TVCM

こんちは。X3です。

9月13日(水)の日経MJ1面にに『魅せるCM模索中』という記事で、飛ばされないCM作りへの取り組みが紹介されてました。

HDYさんがやった「ドラマ本編CM連動型」というやり方、エグイけどあっぱれって感じですね。

本編連動型は、「CMに入りましたよ」ってことを知らせるスポンサーロゴが入るだけで、ドラマとCMの間に境目はありません。ドラマの舞台そのままにCMに移るので、思わず見ちゃってるって感じになるんでしょうね。

どう考えてもエグイですよね。

逆に言うと、そこまでしないと見てもらえなくなってるんですね。それはそれで、チョット悲しい。

あと紹介されていたのが、バイラルCM。

海外なんかでは結構流行ってます。ネット限定で公開するちょっとブッとんだモノが多いです。狙いはバイラルですから。だから、結構オモロイですよ。

そんでもってネットだから、広がりが異常にに速い。その効果たるやTVCMなんて目じゃないです。バイラルCMはスッゴク、ブログなんかのCGMに乗っかりやすいしね。

最近では、ちょっと前に紹介した「レモンガス」が当てはまりますかね。でも、これは結果としてバイラルしたので、海外のとはちょっと性質が違うかもしれませんがね。

海外は明らかにバイラルを狙ってますからね。

例えばこんなんどうですか。秀逸です。→http://www.vira.jp/file.php?id=1007

バイラルヤリテェ~。

バイラルほどクリエイティブコンセプトを明確でハッキリしたもんにしないと作れないだろうから、プランナーは大変なんでしょうけどね。

でも、でも、でも、バイラルヤリテェ~。だれかやらして~

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (1)

王子と姫

こんちは。X3です。

このブログ記事で、6月30日の開設以来100個目の記事となりました。

パチパチパチパチ。

イヤー、結構書きましたね。当初は週1回更新できればと思ってましたが、気が付くと毎日更新になっちゃってました。

これも読んでくださる皆さんのおかげでございます。ありがとうございます!!!これからも書き続けていきますので、よろしくお願いします。

てなわけで、記念すべき100個目の記事は「王子と姫のほのぼの触れ合い」でしめたいと思います。

相変わらずよく眠る姫でございます。居る事を忘れさせるぐらいホント静かです。

  • 2006_09130020_2

王子と姫の触れ合い。どうやら姫が相当カワイイみたいです。

  • 2006_09130015_1

カワイイ手たちでございますなぁ。

2006_09130016

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

ユニクロ

こんちは。X3です。

今回はユニクロの「ユニクロmix」キャンペーンについてのお話お話。

キャンペーンサイトはこちら→http://www.uniqlo.jp/?mid=602771&lid=4

なんか、痛いぐらいにユニクロが必死で「ユニクロらしさ」をぶっ壊そうとしているキモチがビンビン伝わってくるキャンペーンですよね。

ボクのユニクロらしさは、「部屋着ブランド」です。安くていい商品もあったりするんだけど、あんまり着てるところをそんなに知られたくない。そんな感じですかね。

ボクみたいな意識の人っていうのが、まだまだ多いんじゃないんですかね?だから、今回のキャンペーンなのかなぁって思ってます。

キャンペーンサイトとかもホントよく出来てますよ。タレントなんかもメジャーどころ使ってるしさ。なんとかして、イケてるブランド感を出そうとしてる。

でも、ユニクロらしさの中での「あがき」にしか見えない。ブランド然としてないんですね。すごくこちら側に擦り寄ろうとしている感じがプンプンしちゃってる。そこには、ブランドとしての新しいメッセージがこれっぽっちもない。

相も変わらず、いろんな服用意して「自分スタイル見つけてください」だもんね。フリースん時と全然変わってないし。自分スタイルを見つけるのに疲れた空気があったりもするのにさ。その典型がエビちゃんOLだったりするわけで。

だから、全然欲しいと思わないし、すごく客観的にコミュニケーションを見ちゃってます。関係性がすごく薄いまんまです、ユニクロとボクの間は。

そういう風に考えると、あの「フリースブーム」がユニクロブランドに与えたものって物凄くデッカイなぁと思っちゃいますね。

フリースがタッチポイントとなり、ユニクロブームを引き起こし、みーんなユニクロ体験をした。そしてデフレの申し子となり、ユニクロバブルが起こった。その結果「安くてそこそこいいモノあるのねぇ。ユニクロ」というブランドが出来上がってしまった。これが結構イタイ。

コモディティ商品ならまだしも、「安い服が欲しい」っていう人はそんなにいないです。ちなみにそういう人がいたとしても、そんな人が着るブランドっていうのは、ファッションブランドとしては痛すぎます。

「ユニクロを着るヨロコビ」というファッションブランドに必須な所有価値を生活者との間に築けないまま、ブームになっちゃったから、ブームの後に必ず訪れる反動により、一気にブランドは地に堕ちちゃった。

ユニクロ、ちょっと着れないよね・・・ってやつ。

そこから抜け出そうと、「ユニクロは低価格やめます」みたいなブランドキャンペーンやったりしながら、少しずつブランド力は回復してんだろうけど、「部屋着ブランド」の領域は抜け切れていないなぁ。うん、全然ブレイクスルーできてない。

ブレイクスルー手法として、縦のエクステンション展開が手段としてあるとは思うんだけど、ユニクロの場合はすごくやりにくいんだろうなぁ。下手するとより一層ブランドが地に堕ちちゃ危険がいーっぱいだかんね。

ユニクロが上へのエクステンション(高価格帯のブランド展開)をするっていうのは無理があるんで、下へのエクステンション(低価格帯)をするしかないんだけど、ますます「低価格」というブランド因子をコンクリートしてしまだけだしなぁ。ファッションブランドなのに、これ以上低価格イメージをコンクリートしてどうすんの?ってことになっちゃうからね。

いっそのこと無印みたいにライフスタイルブランドを目指すしか「ユニクロがユニクロをディスラプトする」方法はないんじゃないかなぁと思っております。大きなお世話なんだけどね。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

ビラン性胃炎

こんちは。X3です。

本日、健康診断の結果が返ってきました。チョイブルです。

胃がねぇ、チョイワル。

ビラン性胃炎だって。

そして、なーんと「要精密検査」。

「要精密検査」って言葉の響きがすごーくすごーくイヤな感じだなぁ。

この診断結果を見て、最近収まってた胃の痛みが出てきたぞぉ・・・

みさなん、カラダにはくれぐれもお気をつけください。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (3)

名前決定

こんちは。X3です。

姫の名前ようやく悩んだ末にようやく決まりました。

  • 2006_09100033

姫の名前は、「花歩(かほ)」でーす。

自分色の花を咲かせて、1歩1歩歩んでいってくれればなぁと思ってます。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

レモンガス

こんちは。X3です。

バズ的な広がりを見せている『レモンガス』CMについてです。

CMサイトはこちら。

↓↓↓

http://www.lemongas.co.jp/cm/index.html

「制作費安ぅ~」っていうのがFirst Impressionです。それと、もうひとつ。「レモンガス」っていう言葉はもう死ぬまで忘れることはないだろうなぁということです。

これは、スゴイことですよ。CMとしては近年まれに見る秀作な代物ではないかと思います。CMの「本来の役割」という観点から見るとね。でもね、TCCとかは取れないんだろうなぁ。TCCはCMをもっともっと奉ってるからね。

確かに「たまたま」TVCMとして見るのと、「スゴイCMだよ」と言われ見るのとでは視聴態度が全然違うのでTVCMを見た人みんながみんな、ボクのような状態になっているとは思わないですけどね。でも、それを差し引いてもあの「刷り込み力」はスゴイ。

「レモンガス」だけをココロに残そう!という潔さが時代にピッタンコって感じですね。

今は、サーチエコノミーの時代なので、Googleに行って、検索したい言葉入れて、ボタンをポンと押せば、知りたい情報がダーーーーーッと出てきますからね。Web上で理解を深めればいいわけなんでね。

プランナーっていうのは、広告を見たターゲットにどんな意識を与えてやればいいんだろうというコトが求められたりするんですけど、それに加え、広告を見た後に「どんなOne Word」を残すのかという決め事も必要になってくるんでしょうね。

当然ブランドレベルによって、「企業名」にするのか、「ブランド名」にするのか、「ブランディングワード」にするのか変わってくるんでしょうけどね。ブランディングワードにする場合は、CMを流す期間に合わせてSEO対策をするメディアプランニングをちゃーんとやっておくことも必要なんだろうなぁ。

そうすると結構有効なキャンペーンができちゃうよなぁと「レモンガス」を見ながら思ったのであります。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月10日 (日)

こんばんわ。X3です。

本日、嫁さんと姫が退院して我が家に戻ってまいりました。よく寝る子ですわ。

「なんかあったんじゃないのーって」心配になるぐらいグッスリグッスリ寝ちゃってます。それにしても、この寝顔は宝物ですな。

2006_09100034_2

ママと赤ちゃんが帰ってきて大ハシャギの坊ちゃんです。

2006_09100040

賑やかな日々が続きそうです。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

Rich AD

こんばんわ。X3です。

MSNで展開されたリッチ広告事例が見れるサイトです。

「うー」っとアイデアに煮詰まった時の気分転換にはうってつけのサイトかと。

ボケーッと見てるだけで、脳がいい感じで刺激されますよ。

http://advertising.msn.co.jp/rmgallery/

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

お披露目

こんばんわ。X3です。

9月5日に生まれた小生の女の子です。顔ちっちゃいみたいです。鼻高いみたいです。手足長いみたいです。将来楽しみみたいです。グフッ。

2006_09080062

妹と戯れる息子です。中々微笑ましいもんですね。

2006_09080058_1

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

オモロ理論Ⅰ

こんちは。X3です。

昨日のブログで取り上げた「岸田秀」先生。

この先生の説はホント面白く、説得力のある独自の理論を展開されてる方です。こんな人がプランナーをやってたら天才として名を馳せるんだろうなと思います。ビジネスで契約したいなぁと思っちゃうぐらい、スゴイ。絶対、面白いターゲットインサイト見つけてくれるよ、先生なら。そんな岸田先生の面白い理論を順次紹介していきたいと思い、ひとつのコーナーを立ち上げてみました。「日々岸田秀」。

それでは、記念すべき第1回目のお話。「マゾヒスト」。1回目に相応しいテーマでございます(爆)

マゾヒストというのは、「子どものときに親にいじめられて、それをやっぱり愛情の表現というふうに正当化して、それが続いて、恋人なんかにいじめられると、愛情の表現だと思う人」なんだそうです。

そして、そういう人は親にいじめられているから、「自己評価が低い」。人間自己評価が低いと居心地が悪いので、少しづつ少しづつ「自分はダメじゃないよ。ダメじゃないよ」という高い自己評価を、低い自己評価の上に積み上げていくことで、低い自己評価を無意識へ抑圧するそうです。だから、表面的には高い自己評価に基づいて生活をおくるようになります。

しかし!

その高い自己評価は作為的なものなので、それを維持することに疲れます。だから、時には緊張を強いられる高い自己評価を捨てちゃって、もとの最初の低い自己評価に戻ると、一種の開放感、安定感、安心感が得られちゃう。ホッとしたような感じ。そのため、わざわざ自分を貶めるようなことをするとか、人が自分を軽んじるようにもっていくとかしちゃうんですって。それがマゾヒストの精神構造だそうです。

そして、それが、性的快感と結びつくと、性的マゾヒストになるですって。性的マゾヒストというのは、普通の日常生活では高い自己評価を維持していて、性愛という限定された安全な場面で演技的に低い自己評価を表現し、満足させるわけです。

そういえば、SMクラブに来る人ってインテリジェンスが多いって聞いたことあるよなぁ・・・

最後まで読んでもらってありがとうございました。「フムフム」と思った人はクリック応援宜しくお願いしまーす ↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 5日 (火)

子育て

こんちは。X3です。

今、『親の毒 親の呪縛』という本を読んでいます。

親の毒 親の呪縛

「親子関係」をテーマに親から精神的虐待を受けた二人の作家が対談形式で話を進めていくという本です。岸田秀は「人間は本能が壊れている」という唯幻論という説を唱えている作家さんで、それが結構面白い。また別の機会で紹介させていただきます。

で、この本の中で、「子供を育てることとはどういうことか」について以下のように述べています。

『子供を愛するということは、子供に自分は親に愛されていると疑いなく感じさせることで、それ以外には何もないんですよね。大事なことは、自分が子供を愛していると確信することではなく、子供に自分は親に愛されていると確信させることなんです』と。

あと、こんなことも言ってます。

『子供は手をかけて作った離乳食や、手編みのセーターなんかに愛を感じるわけではない』と。

いいこと言うなぁと。こういう本がベストセラーになれば、子育てをするキモチがすごく楽になる人が増えるのではという気がします。

子供のためにしてあげてると思っていることが、ホントウに子供のためのなのかっていう視点ってすごく必要ですよね。結構、親の欺瞞がそこには含まれていることが多い気がするからなぁ。実は。

例えば、勉強のできるいい子ちゃんが、突然キレテとんでもないことをしだす事件って、結局は親の欺瞞が引き起こしているんだと思いますよ。偏差値の高い学校に入れることは、子供のためなんていいながら、実は親の見栄だったりする。

だから、子供がホントウは何を望んでいるかなんて全然知らないし、知ろうともしない。ちょっとでも親の考えている道から外れようとすると、「お前のためを思って言ってるのに」なんて言いながら、悲しそうな顔までしちゃったり。

そうやって、ちょっとづつちょっとづつ子供に重圧をかけ、追い詰めていく。子供は自分の精神を守るために、爆発するんですね。ボンと。

親の欺瞞を欺瞞と認めること。それを子供に伝えること。

難しいことなんだと思うけど、そんなことができる親になれればと思う今日このごろです。

最後まで読んでもらってありがとうございました。1日1クリック応援宜しくお願いしまーす ↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二子誕生

こんばんわ。X3です。

陣痛から3時間後ぐらいの午前9時15分ごろ、無事元気な2700g女の子が誕生しました。

パチパチパチパチ。いや~よかったよかった。

どちらかというと嫁さんに似てるので、こちらのほうもよかったよかった。

ちなみに出産に立ち会ったんですが、ボクなら痛みで死んでるな、確実に。ありゃ、耐えられんバイ。女の人の生命力は改めてすごいと思いました。カラダの基礎生命力が違うって感じ。平均寿命が男よりも長いわけだわなぁ。

今日から4人家族になった我が家でありました。ホッ。

最後まで読んでもらってありがとうございました。1日1クリック応援宜しくお願いしまーす ↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

赤ちゃん

こんちは。X3です。

今朝方、6時ぐらいかな、嫁さんの陣痛が始まりました。

どうやら本日中に第2子生まれるみたいです。

なんかドギマギしてきたよ。こういう時、ホント男ってダメですよねぇ。アタフタしてるだけみたいな。

名前もまだ決まってないしさ~。

「花歩(かほ)」か、「悠花(はるか)」で迷ってます。顔見て決めるしかないなぁ。

なんか緊張してきたよぉー。

ガンバレ!!!!!嫁さんと赤ちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年9月 4日 (月)

新聞にもサービス精神を

こんちは。X3です。

eBook japanが実験的に『マガジンスクラップ』というサイトで雑誌の「コンテンツ」を販売してます。

http://www.ebookjapan.jp/shop/magazine_scrap.asp

いい試みですよね。

新聞とかもこんなサービスできないのかなぁ。

新聞ほど押し付けがましいコンテンツはないからなぁ。あらゆるジャンルのコンテンツを押し込んじゃってさ、「さぁ読め、これさえ読んどけば大丈夫」みたいな傲慢な感じが今でもプンプン。マスメディアが情報権力を握っている時代ならまだしも、情報の非対称性が解消されつつあるのにね。時代遅れ感たっぷりです。

いつまでもそんなエラそうな態度取ってるから、部数とかも下がってくるだと思うよ。必要ないページ結構多いもん。株のページなんて見たことないし。

「新聞購読者が欲しがっている情報をクリッピングして届ける」

これって、大きな差別化サービスになると思うんだけどなぁ。ブランディングにも役立ちそうだしさぁ。

新聞を読まなきゃいけないみたいな通念に支配されている人もいるだろうから、紙は残しておいて、新聞離れをした人たち向けに上記サービスをやるってどうですか。

購読者が欲しい情報をあらかじめ、調査しておいて、読者Pageにクリッピング情報だけを届ける。さりげなく、新聞社のトップページURLもつけとくみたいな謙虚な感じ、よくない?

そこには、読者の欲しいニュースがわかってんだから、メール広告も入れられるしさ。

今の若い人たちは、小さいころからモノに溢れた環境で育ってきているから、雑多な中から選び取って自分のモノにする「エディター能力」にものすごく長けています。言い換えるなら、自分にとって必要ないものにはストレスを感じるんですね。好きなものに囲まれて暮らしたいんです。

だから、iPodが流行るんですよ。スタイルのカッコよさだけではあそこまで社会現象には絶対なんないですからね。彼らの奥深いニーズを汲み取ってるんだと思います。

そういう「自分で編集できる」コトやモノには、飛びつく。それが若い世代です。

これなら、囲い込めるよ。新聞読まない若い人たちも。

新聞社の皆さん。トライアルでやってみませんか。

最後まで読んでもらってありがとうございました。「やってみて欲しいなぁ」と思った人クリックお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

電車

こんちは。X3です。

最近、息子が特急電車に乗ることにハマッテます。てなわけで、昨日「りょうもう」という東武鉄道の特急電車に乗ってきました。

ちなみに乗るのは一駅だけ。一駅のって、改札出て、また乗って帰ってきます。

これがその「りょうもう」です。「りょうもう来たよ!」と手を叩いて喜んでましたよ。

2006_09020051_1

「りょうもう」に乗った息子です。ウレシイそうでした。「りょうもう、りょうもう」とハシャギ中。

2006_09020054

はしゃぎ疲れ、爆睡中。せっかく乗ったのにね~

2006_09020057

一駅乗った東武動物公園駅です。ようやくお目覚め。電車に乗るとなぜか「トッポ」を食べたがるので、売店で購入。帰りの「りょうもう」を待ってます。

2006_09020061

帰りの「りょうもう」にて。やっぱり「トッポ」食ってます。

  • 2006_09020072

満足そうな彼の顔。楽しかったねぇ~って言ってました。

  • 2006_09020077

本日もカワイイ坊ちゃんでございました。

最後まで読んでもらってありがとうございました。1日1クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

ブログ村 企業ビジネスブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

スーパーマリオ

こんばんわ。X3です。

スーパーマリオの懐かし動画です。スッゲェー早い。最速だそうです。

ちょっと感動ものです。では、ご覧あれ。

「supermariobros-tasv2-pom-wmv.zip」をダウンロード

「スッゲェー」と思った人はクリックお願いしまーす。

↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話

こんちは。X3です。

今回の取り上げるのは、英会話の「AEON」と「ジオス」のコミュニケーションの違いについてです。

本日乗った電車に二つの会社の広告が出てましてあまりの説得力の違いに驚きを持った次第であります。

まずは、「AEON」。

100人100色の英会話というコピーで、「坂口憲ニ」と「加藤あい」を使ってますね。

「個人個人にあったレッスンで英語を楽しんで上達できますよ」というメッセージだと思うんですけど、それにしても、なぜ「坂口憲ニ」?

「加藤あい」は英語勉強するために留学してたからまだしも、なぜ彼なの?なぜ?なぜ?っていうのが広告を見るたんび「?」がアタマをグルグルグルグル。

彼に英語イメージがあるとは全然思わんよ。どちらかというと、カラダは強そうだけど、アタマは弱そうなイメージなんだけどなぁ。

メジャータレント使ってるから広告の注目率は高いだろうけど、AEONで英語を学ぼうという意識をターゲットに与えられんぞ!!クライアント様にとっては、お金かけた割には、申込者が少ないフラストレーションが溜まるキャンペーンでしょうね。

もう一方の、「ジオス」。

『夢を描く人々がいる。英語が話せると、10億人と話せる』というコピーで展開。「AEON」みたいにタレントを使ってるわけじゃないです。自分の夢に向かって英語に頑張っている人を主人公に広告してます。

「AEON」とは、リアリティがちがいすぎます。100倍信じられます。

安易にタレントに頼らないから「コアメッセージ」がしっかりしている。だから、ジオスの広告は「信じられる」んですよね。「英語を自分のモノにできたらいいなぁ」という意識をターゲットに与えることができます。「AEON」よりも少ないお金で高い効果をあげてるんじゃないかと思ってます。

ホント、タレントというのは「諸刃の剣」ですね。

確かに、注目率を高めてくれます。広告は、見てもらわないと広告ではないですからね。ワイドショーで取り上げてくれたり、スポーツ新聞にのったりとPR効果を見込めるし。

ただ、タレントがいると「タレントがいることが広告アイデア」みたいになっちゃって、ビッグアイデアが生まれないことが多いですよね。タレントがアイデアを邪魔しちゃう場合とかもあるし。そんなこと、うちのタレントにやらせるんですか!とか事務所からダメ出しでたりとかしてね。

「信じられる広告」について考えさせられる英会話広告でした。

最後まで読んでもらってありがとうございました。1日1クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

アメリカ産牛肉

こんちは。X3です。

今回は、アメリカ産牛肉のお話。皆さんアメリカ産牛肉食べました?

アメリカ産の牛肉でBSEになる可能性って、ものすごーく低いそうです。実は。なのに、アメリカ産牛肉を食べると、非常にBSEになりやすくなっちゃうからアメリカ産牛肉なんて絶対食わない!!みたいなことになっちゃった。

なぜか。

最近読んだ『ヤバイ経済学』という本にこんなことが書いてありました。

ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する

「危険は大きいが恐れは小さいとき、人の反応は控えめです。そして、危険は小さいが恐れは大きいとき、人はオーバーな反応をするのです。

ある人がテロで殺される可能性は、同じ人が脂肪たっぷりのものばかり食べて、動脈を詰まされて心臓病で知る可能性に比べるとものすごく小さい。でも、テロで死ぬことはモノスゴク怖い。心臓病で死ぬのは、なぜか、怖くない。」

フムフム。確かにそうかも。

だから、BSEになる確率はすごく低いけど、BSEってすごーく怖いから過剰な反応をしてしまったんですね。確かに、自動車事故で死ぬより、飛行機事故で死ぬ方が怖い気がするもんなぁ。飛行機で死ぬ確立の方が低いのにね。

そう考えると、人間の認識ってホント怖いというか、手強いというか。

脳もそれに一役買ってるんですけど、自分の認識と違う相容れない情報は脳がある程度遮断し、自分の認識に合った情報しか取り入れないように機能します。だから、どんどんその認識がコンクリートされていきます。そして出来上がったのが俗に言うステレオタイプというやつです。

大阪人は常に漫才やってる。コレ、典型的なステレオタイプ像。

「大阪人っていつも漫才やってるわけないやん」ていうと。そうなのって平気な顔して聞きますからね。

想像力を奪ってしまうのが、ステレオタイプの怖いトコです。

TVも大阪人を紹介するとき、こういう人しか写さないしね。おとなしい大阪のおばちゃんをTVで見たことある人、皆無じゃないですかね?大阪人のおばちゃんはみんな、あんな感じだと思われている。そんなわけないですよ。

BSEとか、テロとか、大阪人に対するひとの反応行動を見てると、想像力を持って情報へ対処せんといかんなぁと思いますね。

「へぇーそうなんだ」と思った人はクリックお願いしまーす。最後まで読んでもらってありがとうございました。

↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ICHIKAMI

こんちは。X3です。

今回のテーマは、コレ。

カネボウホームプロダクツ(KHP)から出たシャンプー「ICHIKAMI」。

ボクの印象。

「何でTUBAKIの後に出すわけ?身の丈が全然わかってらっしゃらない。失敗するんだろうなぁ。しばらくは、お金突っ込んで頑張るだろうけど、気が付けばドラッグストアーのカゴの中で転がってるんだろうなぁ。」

今、高価格帯のシャンプー市場が活性化してますよね。

「ラックス」1人勝ちの市場に、「アジエンス」が東洋という価値観を引っさげ殴りこみをかけました。「西洋 vs 東洋」の戦いです。昔に比べ、「美は西洋絶対という西洋コンプレックス」がターゲットの間ではだいぶ薄れてきてたんでしょうね、結構善戦しました。

シャンプー市場の価値が西洋だけじゃないっという機運が高まっていた時に、資生堂が満を持して「TUBAKI」という「和」の価値感を引っさげ、殴り込みをかけました。ラックスの地盤が揺るいでいたところに、「TUBAKI」をぶつけるあたりさすが資生堂だなぁと感心してました。

西洋→東洋という意向が始まっていた時期なので、「和」の価値観はすんなりOK。日本人なんだから「和」のエキスが一番いいに決まっている。別に西洋にコンプレックスを持つことはないわけで。しかも、それが資生堂となればなおさらです。

さらに、あのGRPに、あのタレント達。総広告費50億円。50億円ですからね。ちなみにあの商品ボトル。とある有名クリエイターが作ったんですが、その方へのギャラなんと、○億円だそうです。ヒィエー。ちょっとチョウダイな。

そして、ついに「TUBAKI」がシェアトップを獲得。「ラックス」の牙城を十数年ぶりに崩しました。営業担当泣いただろうな。シェアの数字拡大コピーしただろうなぁ。

「西洋」と「東洋」と「和」。この3つの価値が混在しているのが、今の高価格帯シャンプー市場。ちょっと「西洋」がダウントレンド、「東洋」も「和」に食われてダウントレンド、「和」だけがアップトレンドといった感じでしょうね。

そんな時期に出てきたのが、KHPの「ICHIKAMI」。「和」です。「TUBAKI」とガチンコ勝負です。

確かに「和」市場は、アップトレンドだし、注目率が高いことは事実です。そこに乗じて出したんでしょうからね。そんなことを、オリエンで言っている姿が目に浮かびます。

ですが、マーケティングにはひとつの大きな原則があります。

「決して、同じ役割で、かぶらない」。

思いっきりかぶっちゃってます。残念ながら。

メーカ的には、差別化されているのでしょう。細かいとこを見ていけば、なるほど「TUBAKI」より優れたとこもあるのかもしれない。しかーし!!誰もそんな細かいところまで注意してみません。残念ながら。

「TUBAKIと似た和のシャンプー」。そんなレベルの認識だと思います。それが消費者の知覚というものです。

高価格帯のシャンプ市場のような、各カテゴリーに巨大ブランドが存在すると、どのシャンプーを購入しようかと思ったとき、多くの消費者の頭の中に想起されるブランドは、恐らく各カテゴリーのトップブランドです。役割がかぶんないからね。ひとつのカテゴリーを決め打ちしている人は別ですけどね。

そうなんです。役割がかぶると、非常に想起されにくくなってしまうんですね。想起されにくいというのは、市場に存在しないと同じことです。致命的な問題です。だから、ボクは失敗すると思うんですね。

こうなってくると、「ICHIKAMI」が「TUBAKI」を凌駕するためには、50億円を上回る予算を投下するしか方法はない。でも、立場的にありえない。

商品キャラクターの深津絵里も「TUBAKI」に比べると、どうしても見劣りしちゃいます。

最後のとりで企業ブランド価値はどうかというと、どう考えても「資生堂」には劣ります。カネボウのメジャーシャンプーは「ナイーブ」とか「SARA」ぐらいかな。なかなかブランド資産を活かしにくい状況は否めない感じですな。

どう考えても勝てる見込みはない。勝てる見込みがないということは、何度も言いますが、想起されないということです。

とどのつまり、市場で生きていくには価格を下げるしかない。そこで、目立つ。

そうなると、ドラッグストアーの目玉商品として扱われるってことになって、どんどんブランド価値が低下し、顧客が離れていくみたいな「負のスパイラルストーリー」が目に浮かぶのであります。

「TUBAKI」と「ラックス」が僅差のシェア争いを行い、アジエンスがちょっと離れた第三位のシェア。「ICHIKAMI」は万年最下位のシェア。

これが、ボクの高価格帯シャンプー市場予想図です。いかがでしょうか。

「フムフムそう思います」って人はクリックお願いしまーす。最後まで読んでもらってありがとうございました。

↓↓↓

人気blogランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »