« クリック | トップページ | ディープインパクト »

2006年9月28日 (木)

名もなき毒

こんちは。X3です。

『名もなき毒』読み終わりました。

名もなき毒

うーん、正直物足りなかったなぁ・・・

誰のココロにも棲む悪意=毒。それは、生まれつき持っているものではなく、生まれ育った環境、周りの人々との関わりにより、大きくもなったり、小さくもなったりするし、内に篭ったままジッとしているものもあれば、外に出て人を傷つけてしまったりと、いろんな形態を持った生き物ですと。

だからいかにも悪人づらという人ではない「普通」の人が、世間をアッと驚かせる事件を起こしたりもする。悪意の成長具合は、見た目じゃわかりませんから。

その悪意は当然人によって、全然成り立ちが違います。

だから周りの人からは、なぜその人がそんな「毒」を吐くのかがわからない。たまたまそこに居合わせたという事だけで、不幸にもその毒を浴びてしまうこともある。そして、いつ何時自分にも、その毒がふりかかるかわからない。

そんな日常に私たちは生きている。

みたいな事が本の根底にはあるのかなぁというのが、ボクの解釈です。そのような人たちが事件を起こすというお話です。

Topics的にはアリだと思います。ホントそんな事件ばっかですからね。自分には明確な動機なんだけど、周りからみると「?}みたいな動機で殺しちゃったみたいな感じの事件が。だから、アリはアリなんですけどね・・・

なんかね、伏線をいろいろ張りすぎてて、それをまた丁寧に描くものだから、逆に薄っぺらい感じが否めないんですよね。特に、人物描写というか、人のココロの動きが物足りない。だから、お話を見てる感じ。グッと物語に入っていけなかったです。

でもでもでも、

9月22日の日経MJに『名もなき毒』のレビューが記事化されてたんですけど、それを見ると「好き91%」「残念9%」という数字が出てました。

正直、ビックリ。ボクの感性ってひょっとしてマイノリティ?みたいな。

ただ思うのは、調査として「好き」っていう設問ってどうかなぁと。

満足度低いボクですが、「この本が好きですか、嫌いですか」って聞かれると、嫌いなわけじゃないんで、好きよりの回答しちゃうだろうし。どうやら「どちらでもない」という選択肢もないみたいだし。それもいかがなものかと・・・

本の調査をする場合の指標は、「満足度」とか「面白かった」とかの方がいいんじゃないかと思いますけど。

クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

人気blogランキングへ

にほんブログ村

|

« クリック | トップページ | ディープインパクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121059/3601953

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき毒:

» 宮部みゆき【名もなき毒】 [ぱんどら日記]
宮部みゆきの現代ミステリーを新刊で買って読んだのは久しぶりだ。 いろいろなことを忘れてた。宮部みゆきの本を買うと、『大極宮』のパンフレットがはさみこまれてることとか。 (パンフレットによると大沢在昌はダイ... [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 16時16分

» 名もなき毒 [宮部みゆきファンブログ]
◇作品の内容◇ 「BOOK」データベースより どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。 それが生きることだ。 財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。 そこで出会ったのは、..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 13時37分

» 名もなき毒 [乱読日記]
宮部 みゆき 名もなき毒 [要旨] どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 21時16分

« クリック | トップページ | ディープインパクト »