« サッポロビール買収??? | トップページ | 東京マラソンの視聴率 »

2007年2月18日 (日)

日本はホントに安全な国なの?

こんちは。X3です。

「日本は安全な国」と感じている国民は半数近くに上り、2年前より微増していることが、内閣府の「治安に関する世論調査」で分かった。、「日本は安全・安心な国か」との問いに対し、「そう思う」か「どちらかといえばそう思う」を選んだ人は全体の46・1%で、前回調査より3・7ポイント増加した。

そうです。

チョット驚き。小生的にはどの辺りに「安全感」を感じるのかがよーわからんというのが正直な実感ですな。

ちなみに発表されている数字は成人全員の数字だから、ブレイクダウンして数字を見てみると、恐らく世代間格差や、ライフスタイル格差がある気がしまんな。子供のいる世帯では下がってんじゃないの?

数字って見せたい数字だけを見せて、意図的に印象に残すというやり方は常套手段として行われているので、注意する必要がありますよね。これは内閣府がやっている調査なので、一概には言えないけど、例えば警視庁なかがやってる調査だと見せ方が意図的な香りがプンプンしますよね。

実は、調査というのは自分たちが出したい数字を出すようにいかようにでも設計できます。高い数字を出すやりかたもあれば、低い数字を出すやりかたもあります。

質問の位置とか、選択肢の数とか、選択肢の位置とかで。

何が言いたいかというと、調査の数字を鵜呑みにしないほうがいいかなと。緩やかな情報操作だったり、世論の意図的な知覚形成だったりすることが結構あるのでね。知覚は一度形成されると中々直らないですからね。

その最たる例がメタボリックです。あんなの国の情報操作ですからね。なぜそんなことをするのか。簡単です、うまい汁を吸える人がたくさんいて、大きな市場が形成されるからです。

だから、調査とか情報をそのまま鵜呑みにしない習慣をつけることが大切だなぁと改めて内閣府の調査を見て思いました。

そんなわけで、クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

このエントリーを含むはてなブックマーク (はてなブックマークでこの記事保存)

人気blogランキングへ

にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000013-yom-soci

|

« サッポロビール買収??? | トップページ | 東京マラソンの視聴率 »