« タイガーウッズのスイング | トップページ | 雑誌×飲料タイアップ屋外広告 »

2007年2月11日 (日)

ツタヤの貸しマンガサービス

こんちは。X3です。

マンガもレンタルする時代が始まるそうです。

「レンタルビデオチェーンが、相次いでマンガ単行本(コミックス)のレンタル事業に本格参入する。08年3月末までに、最大手の「TSUTAYA(ツタヤ)」は100店、業界2位のゲオは70店に拡大する予定。既に一部店舗で試験導入を始めているが、いずれも取扱店を1年で2~3倍に増やす計画だ。全国のレンタルビデオ店の4割を占める2社の動きで、マンガを貸し本で読むスタイルが広がる可能性もある」

ビデオテープがDVD化になってスペースが余ったんかなぁ。

マンガをほとんど読まない僕としては、このビジネスの可能性が正直よーわからんです。が、言えることは、来場促進のフックになることと、Book Off的にはイタイ話なんだろうなということかな。

1冊、2泊3日で80円ってすごいでしょ。ついついフラ~っつと寄っちゃいそう。コンビニでこのビジネスができると、お菓子とかジュースとかのクロスマーチャンダイジングができそうで、ビジネスチャンスが見込める気がするなぁ。

BOOKOFF的視点でいうと、「借りるスタイル」が浸透しちゃうと、買うのはお気に入りのマンガだけになるわけで。利用する機会が激減するわな・・・マンガができるということは、理論的には小説でもできるわけで。

i-Podが音楽を聴くスタイルのあり方を激変させたように、なんか近い将来マンガも今とは想像もつかんようなスタイルが生まれてくるんだろうなという気が少ししました。レンタル漫画がiPodほどスタイルを変えるとは思えませんが、なんかその一歩のような気がしてます。

なんかBOOKOFFの事がすごーく心配になってきました。スタイルが変わったときに最も痛手を被る会社でしょうからね。

そんなわけで、クリック応援宜しくお願いしまーす

↓↓↓

このエントリーを含むはてなブックマーク (はてなブックマークでこの記事保存)

人気blogランキングへ

にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070210-00000054-mai-bus_all

|

« タイガーウッズのスイング | トップページ | 雑誌×飲料タイアップ屋外広告 »